ねこブリアンの日常

公務員で真面目な倹約家の夫、専業主婦でケチな妻、子猫の時から甘やかされた猫たちとの暮らし。

スポンサーリンク

メロンパンに砂糖をつける時の注意

スポンサーリンク

数週間前、メロンパンが無性に食べたくなったので作り、その時の失敗を思い出したので書き留める事に(おおげさだけど)。

まず、写真を載せる。↓

f:id:nekoburian:20181121141741j:plain

 

味は美味しかったので非常に満足しているが、

見た目が・・・

失敗点を順を追って説明すると、

 

 

①クッキー生地が厚い

 

私としては、市販品によくある

下(側面)にクッキーが垂れて焦げていないメロンパン

ではなく、表面にこんがり焼き色がついたのが食べてみたいな~と思って、わざと厚くした。5ミリぐらい。

しかし!

厚い生地で重みに耐えられなかったせいか、

発酵段階で真ん中から破れてしまった!

 

中央が焦げて、手裏剣のマークみたいになっているところ、

アレ、パン生地です(^_^;)

 

 

②砂糖忘れる

 

一般的なメロンパンレシピとして、

パン生地にクッキー生地を載せたら、砂糖をまぶして網目模様をつけ、

それから発酵させて焼く。

という方が多いと思う。

なぜなら、発酵後にパン生地を持ち上げたら生地が傷んでしまう。

 

私自身、昔メロンパンを作った時は、パン生地の底をつまんでひっくり返し、砂糖が入った器にグリグリと押し付けていた事を覚えている。

覚えていたのに・・・

 

発酵させてしまった (-_-)

 

やっちまった・・・

洗い物をしていたのか、猫に気を取られていたのか・・・

今となっては思いだせないが。

 

発酵後でも、砂糖をつけられない事はない。

例えば、表面に水を塗って砂糖をかけるとか。

 

ただ・・・

砂糖が飛び散りそうで嫌だな・・・と。

 

そこで苦肉の策として出したのが、

ざらめ糖!!

 

普通はグラニュー糖を使う事が多いメロンパンだが、ざらめ糖なら粒が大きいので、後からパラパラかけても、

 

拾いやすい (^^)

(もちろんオーブンプレートの上に落ちた分)

 

ひたすら、水を塗ったパンにパラパラかける。

落ちたら拾って集め、またかける。

だから写真のメロンパンの砂糖、ざらめ糖なのです。

 

もっとも、砂糖をかけなくてもクッキー生地が甘いから、かけなくてもメロンパンの味にはなってる。でもまぁ気分的にね。

 

それに失敗とは言っても、

味は美味しかったので満足している。

 

当時、クタクタに疲れていたのであまりこねずに発酵させて作ったが、発酵時間に2時間ほど取ったせいか、キメ細かくできたし(室温が低いので、日なたに置いても時間かかる)。

(さすがに今は、さらに室温が低くなり、2時間どころか3時間放置しても無理だったので、パンを発酵させる際は温めている)

 

 

なおレシピは↓こちらのレシピを参考にさせてもらいました。

www.kurashiru.com

 

もっとも、言うこと聞いて作っていないので・・・

見た目は見本とだいぶ違う(゜_゜>)

 

当時はほんとに、疲れているけどメロンパン食べたい!ってなってガムシャラだったので。夫婦2人分で6個くらいを市販品で買ったら600円くらいするし(夫婦そろって大食い)、

材料は家にあるから作った方が安くたくさん食べられる。

そんな理由で作ると、家事の合間をぬって作る事になるので・・・

やや手抜きに<(_ _)>

 

けど、きちんと作れば見本のような美しいメロンパンが作れるはず。

美味しいレシピなのでお試し下さい♪

スポンサーリンク