ねこブリアンの日常

公務員で真面目な倹約家の夫とその妻。そして子猫の時から甘やかされた、イタズラ猫たちとの暮らし

スポンサーリンク

恥ずかしい思い出になった、子猫の避妊手術

スポンサーリンク

避妊手術を受ける

我が家の猫、タマちゃんはメス猫。

猫は手術をしないと発情してしまい、発情期に

 

うるさい

ハイテンション

怖い

と大変な事になる。

 

 

予約したあとに・・

病院へ行って手術の予約を入れたのだが、

その2日後に

 

発情期きた(;´Д`)

 

うるさくて大変だった・・・

 

猫を病院へ連れて行く 1 - ねこブリアンの日常

猫を病院へ連れて行く 2 - ねこブリアンの日常

子猫をシャンプーで洗う - ねこブリアンの日常

 

 

恥の始まり

洗濯用洗剤に入れる

猫を入院させる時に検便して持っていくのだが、当然ながら「便」なのでニオイがする。普段なら新聞紙で包んで捨てているのだが、病院に提出するのだから透明な袋に入れる。

 

「袋を2重にしてもクサい」

 

そんなとき

ふと目に入ったのが・・・

f:id:nekoburian:20190327134815j:plain

洗濯用洗剤の空き容器があった。

注:画像の商品は新品です

 

ちょうどこの日、洗剤が空になったので捨てるつもりだった容器。持っていくまでこの中に入れておこう。

ついでに・・・

 

 

ゴミのシールも貼る

たまたま手元(指先)に捨てる瞬間のシールがあった。ゴミ箱に入れに行けばいいだけなんだが、ついでだからと空き容器に貼る。

f:id:nekoburian:20190327140126j:plain

 

 

子猫を病院へ

前回のゲロリアン事件の反省をふまえ、今回は

 

夕飯抜き

山道(峠)を通らない

 

で病院へ。

今回は無事に着いた(^_^)

 

 

検便を・・・

てっきり、

受付へ検便を渡す

ものだと思っていた。

なので、その時に洗濯用洗剤の箱から取り出そうと。しかし・・・

 

 

診察室の中へ

キャリーケースを持ち

自分自身のカバンを持ち

そして、検便を

 

箱から出す事を

すっかり忘れる( ̄  ̄)

 

箱は夫が持って診察室の中へ。

 

↓待合室にて

f:id:nekoburian:20190327143658j:plain

↓「どきどきどきどき」

f:id:nekoburian:20190327143643j:plain

 

 

猫ではない

診察室に入り、

猫をキャリーケースから出すのだが、先生の視線が夫の腹にある。

 

夫の腹には・・・

洗濯用洗剤の箱

(体の前で抱えている)

 

「検便です(ノД\lll) 」

(すごく恥ずかしい)

 

箱は特大サイズで、子猫ぐらい軽く入る大きさなので「まさか!」と思われたようだ。

箱から検便を出そうとしたら、

 

「そのままでいいですよ」

あ、ご親切にどうも・・・

 

(ゴミシール!!)

 

貼らなきゃよかった(ヽ´ω`)

 

 

しばしの別れ

健康チェック

爪切り 

などをし、猫とお別れ。

 

「がんばれタマちゃん!」

・・・と言う暇もなく、

飼い主は片づけをして帰る。

 

 

2泊してお迎え

火曜日 入院

水曜日 手術

木曜日 退院

 

である(病院による)。

夫によると、

昔オス猫を手術した時は早かった。

との事なので、オスとメスでは入院期間が違うのかもしれない。それは別にいいのだが入院が長いという事は・・・

 

入院費、お高いのだろうか(゚ロ゚;)?

 

 

スポンサーリンク