ねこブリアンの日常

公務員で真面目な倹約家の夫、専業主婦でケチな妻、子猫の時から甘やかされた猫たちとの暮らし。

スポンサーリンク

猫の冬じたく2 猫ハウスリフォーム

スポンサーリンク

我が家の猫ハウス

以前、猫のために段ボールで猫ハウスを作った。

↓詳細はこちら

ダンボールで作った猫ハウス - ねこブリアンの日常

 

しかし飼い主の愛情をあざ笑うかのように・・・

 

度重なる猫の攻撃!

底の段ボールは薄く、

天井には穴が開いた。

 

ようは風通しがよくなったのである。

 

そのせいなのか、最近、

1匹の方のお腹がゆるい(遠回しな表現)。

自業自得とはいえ、トイレが汚れて飼い主が掃除に苦労するので、猫ハウスの改修工事をすることにした。

 

猫布団に「手芸わた」を詰める

 メインの作業はコレ(ー_ー)!!

段ボールを作り直すのは大変だし、それに・・・

 

どうせまた、かじって壊す

 

だったら外の段ボールより、中の布団を温かくしよう。

f:id:nekoburian:20181207152109j:plain

重しがわりに入れていた雑誌を出して

f:id:nekoburian:20181207152147j:plain

ワタを詰める。

猫たち、初めて見るワタに興味津々。

f:id:nekoburian:20181207152501j:plain

 この100均で買ったワタ、説明書きに

「クッションを作る場合は3~4個必要」

と目安として書いてあったので、1個じゃ少ないかな~と思ったが、まあ薄くても無いよりはいいだろうと袋から出したら・・・

 

 

手芸わた、はじける

ものすごく圧縮されているので固い。ハサミで包装しているビニールを切っていくと、半分くらいで

「ポン!」

という音とともに、ワタが3倍くらいに膨らむ。

まだ固いところがあるのでほぐしていくと・・・

f:id:nekoburian:20181207152559j:plain
f:id:nekoburian:20181207152909j:plain

 

 充分すぎるぐらいの量が!

f:id:nekoburian:20181207152923j:plain

小さいクッションなら1袋で作れそうである。

 

猫が近寄ってくるが、ワタなんて食べないだろうと放置していたら食べたので注意である。(口から納豆の糸のように垂らして可愛いが・・・)

雑誌が入っていた穴にワタを詰める。

f:id:nekoburian:20181207152733j:plain
f:id:nekoburian:20181207152744j:plain

 

糸で閉じて、いざ猫の前に!反応は?

f:id:nekoburian:20181207152759j:plain

 

猫の攻撃

「これ、懐かしい匂い・・・」(毎日使ってるよ)

 

f:id:nekoburian:20181207152813j:plain
f:id:nekoburian:20181207152826j:plain

 

「やわらかーい」(むぎゅ!!)

f:id:nekoburian:20181207152840j:plain

 

がっっ!!」(かんで引っ張っている)

f:id:nekoburian:20181207152851j:plain

 

 猫の目、怖い (+o+)

 

 しばらく噛み噛みされたものの、このグレーの布は意外に丈夫なので今のところ傷はない(そりゃ作って数時間だし)。

 

猫は温かいと思っているのか?

 さわり心地はフワフワしてすごく良い(#^.^#)

しかし、問題は温かいのか?である。

すると!

これを段ボールハウスに戻したところ、しばらくして猫たちが自ら入った!普段はエサで釣るか、抱っこして入れないと入らないのに!

(夫が名前を呼ぶと自ら入るが、私の言う事は聞かない)

 

今は気持ちよさそうに寝ているので、

きっと温かい・・・そう信じよう!

 

スポンサーリンク