ねこブリアンの日常

公務員で真面目な倹約家の夫とその妻。そして子猫の時から甘やかされた、イタズラ猫たちとの暮らし

スポンサーリンク

猫へのご褒美、三ツ星グルメジュレ編

スポンサーリンク

ブラッシングのご褒美

 

といっても、嫌がっている訳ではない。

ただ、

 

たまにはオヤツをあげよう

「オヤツにゃ♪」

次の日

「オヤツくれにゃ!!」

 

と、なりそうなので。

 

だけど我が家の財政上、毎日は与えられない。

気まぐれで与えると猫にストレスになるんじゃないかと思い、わざわざブラッシングして、

「ブラシをかけたらオヤツにゃ♪」

 

方式にしている。

理解しているかは疑問だが

 

 

今回のオヤツはコレ

f:id:nekoburian:20181214101803j:plain

 

1袋を猫2匹で、はんぶんこ!

(少なっ!)

 

f:id:nekoburian:20181214101826j:plain

 

すごい顔だ・・・

 

f:id:nekoburian:20181214101843j:plain

 

「この匂い、たまらんにゃ~♪」

 

f:id:nekoburian:20181214102005j:plain

 

「早く、よこせにゃ!」

 

f:id:nekoburian:20181214102041j:plain

 

「うま~」

ジュレの量が少ないが、猫が激しく動いてブレたせいで、撮影まで時間がかかったため。)

 

f:id:nekoburian:20181214102056j:plain

 

器の隅々までぺ~ろぺろ。

 

f:id:nekoburian:20181214102122j:plain

 

「あっ、もう無い・・・」

「はんぶんこ、だからね・・・」

 

食べ終わると悲しげに見えるので、

ちょっと申し訳なく感じる。

 

でも・・・

我慢してくれ(ー_ー)!!

いつか宝くじが当たるその日まで!

スポンサーリンク