ねこブリアンの日常

公務員で真面目な倹約家の夫とその妻。そして子猫の時から甘やかされた、イタズラ猫たちとの暮らし

スポンサーリンク

夫のおしりで暖を取る猫

スポンサーリンク

夫の猫

猫はもともと夫の実家で飼っていたので、

私(妻)より夫にべったり (ヽ´ω`)

 

いつもは夫の太ももに乗るのだが、

この日夫は、うつ伏せの体勢だった。

すると猫が・・・

f:id:nekoburian:20190201120203j:plain

くぼみにすっぽり

ジャストフィット!

(写真上の黒いのは靴下)

f:id:nekoburian:20190201120217j:plain

夫クッションは温かで柔らかくて、

実に気持ちよさそうだ(゜ω゜)

それにとても落ち着いている。

f:id:nekoburian:20190204195007j:plain

その様子を見てか、

もう一匹乱入!

f:id:nekoburian:20190201115732j:plain

注:夕ご飯の時間帯です。

f:id:nekoburian:20190201115743j:plain

来たばかりで悪いのだが、

夕飯が冷める

なので・・・

無理やり猫をどける (。>ω<)

 

そしてソファに座ると

f:id:nekoburian:20190201120245j:plain

おぅ(゚Д゚;)

何が何でも、夫から離れないつもりだ。

 

でも、夕ご飯なんだけど・・・

どいてくれないかな?

f:id:nekoburian:20190201120257j:plain

 猫、どかない

猫に無視された( ̄◇ ̄;)

この日、この部屋、

そんなに寒くないはずなんだが・・・

猫たちは、くっ付いて離れない。

 

夫に、

「俺の方が猫なついている」

自慢をされて

ちょっとジェラシー(`Д´)

 

もっとも、猫2匹も太ももに乗っかると

すごい重い

だから、

羨ましくなんか無いのである(ー_ー)

スポンサーリンク