ねこブリアンの日常

倹約家の夫と妻。暴れん坊で噛み付きまくる、ほぼ白い三毛猫との暮らし

スポンサーリンク

長野県の温泉宿でバイキング3 朝食もバイキング

まず最初に

今回の話、とっくにアップしていたと思ったら、

下書き保存

にいて現在びっくり(^_^;)

 

 

朝食

夕食に大量に

ステーキ

などの色々なご馳走をお腹いっぱい食べたので、正直朝も、まだお腹が減っていない。

 

それでも・・

食べる( ̄ω ̄) 

 

朝もバイキングで色々と料理があるが、各テーブルに1人1つ、味噌を塗った皿とコンロが。

f:id:nekoburian:20200207110057j:plain

味噌を下にして

f:id:nekoburian:20200207110036j:plain

 火を付けて炙る。

f:id:nekoburian:20200207110109j:plain

焦げてきたらひっくり返す。

f:id:nekoburian:20200207110121j:plain

味噌が香ばしい(゜ω゜)

f:id:nekoburian:20200207110133j:plain

 美味しいのだが白飯が無いと食べられない(味噌なのでしょっぱい)ので、他のオカズをセーブして食べる。

 

↓食べ残しではなく、残さないよう一口だけ取ってきたオカズ。なお左上の卵は夫の。

f:id:nekoburian:20200207110046j:plain

なお白飯は

おひつ

で持ってきてくれてお替わりも可能。

f:id:nekoburian:20200207152730p:plain

 

男は食べる

いや女も食べるが、大多数の家族は奥さん・子供が早くに食事を終えているのに対し、旦那さんが実によく食べている。

 

昨晩のテンションはどこに?

そう思うほど静かに、奥さんは旦那さんを見ている(きっと胃もたれ・胸焼け)。

 

 

パン

パン好きなのでパンが食べたいところだが、和風のおかずや地元のお惣菜が並んでいるので白飯がすすんでしまう。

 

今日はパン抜きにするか

・・そう思った。

 

が!

 

後悔するような気がしたので(何に?)、一個だけ食べる事に。

f:id:nekoburian:20200207110026j:plain

ごく普通にバターロール。

お腹いっぱいだけど、バターロールは安定の美味しさ。

 

 

雪が・・

ちょうどこの旅行時は暖冬の影響で、全国的に雪が降っていなかった。この旅行のためにタイヤを変えたのに少しショック・・

 

何のために手荒れしてまでタイヤを変えたのか(素手で作業したのが悪い)・・

注:タイヤを変えたのは夫で、私は補助。なので私の分の軍手がなかったのである。

f:id:nekoburian:20200207160343j:plain

道中、こういう所には少し積もっていたが、街には全く降っていなかった。

f:id:nekoburian:20200207160538j:plain

↑行き道のサービスエリアにて。

雪が降っていたら、この「信州」の木は見えなくなってしまうのだろうか・・それにしても斜めの土地なのに、

なんで転がらないんだろう?

 

 

らくらく観光

私達が泊まった宿に限らず、たいていの宿は諏訪湖周辺にあるので歩いて観光する事ができる(駐車場もあるので車で行ってもいいが)。

 

 

わかさぎ釣り

f:id:nekoburian:20200219154153j:plain

時間の関係で私達はしていないのだが、ものすごく釣れるところらしい。

 

なぜなら・・

 

なんとこの場所で(時間は違うが)、夫の知人が釣っていたのである。

そして・・

 

何百匹も釣れたと(゚ロ゚;)

注:後日お土産に冷凍わかさぎをもらった事で判明。

 

釣った人いわく、まだまだ冷凍庫に眠っているとの事。釣りすぎても消費が大変・・

 

 

諏訪湖の御神渡り

f:id:nekoburian:20200219154226j:plain

あいにく、雪すら降っていない気候なので凍らず。もっとも寒いからといって簡単にできるものではないらしい。

 

 

お土産屋さん

お土産屋というべきか、カフェというべきか?オシャレなお店があったので入ってみた。

↓写真に納まらない背の高い扉

f:id:nekoburian:20200219161123j:plain

長野産のお酒やお菓子、養命酒でできたカリントウや酢など、ご当地のものがたくさんそろっている。

しかし地元の人も利用するためか、お土産だけでなく花屋さんやパン屋さん、レストランも。

 

↓なかでも興味をひいたのがモーニングセット

f:id:nekoburian:20200219154306j:plain

食パンの厚みは三枚切り(゜ω゜)

満腹なので食べられないが、すごく美味しそうである。

 

 

タケヤ味噌会館 

f:id:nekoburian:20200219154348j:plain

看板に書いてあるとおり、色々売っていた(本当にいろいろ)。

 

何種類もの味噌

味噌を使ったお菓子

味噌汁柄クリアファイル

味噌汁グッズ

お椀

 

などなど(^ω^)

しかも店内で味噌汁が飲めるので、お味噌の良い香りがする。

注:例によって満腹なので私は飲んでいない。

 

 

パンを買うはずが・・

次の日は仕事なので早めに帰ることに。

 

余談だが、私は車内でコーヒーとパンを食べるのが好きである。

 

なので、帰りにサービスエリアでパンと珈琲を買おうとウキウキしていたのだが・・

サービスエリアに着く前に・・

 

爆睡(。-ω-)zz

 

起きたら岐阜

 

車に乗っている時の睡魔というものは、すごいものである。

 

 

↓最初の話 

blog.nekoburian.com

 

 ↓その次

blog.nekoburian.com

 

 

長野県の温泉宿でバイキング2 家族風呂と大浴場の壺

家族風呂とは?

簡単に言うと個室タイプの風呂である。他のお客さんは入ってこない。家庭サイズのお風呂の2倍ぐらいの大きさで、あまり大きくはない。

注:大きさの感じ方については個人差があります。

 

大浴場より小さいのだが、入るメリットとして、

人の目が気にならない

男女問わず家族で入れる

(通常の風呂だと、父か母のどちらかが子供の面倒を見ないといけないので大変だが、家族風呂だと両親で一緒に世話ができる)

f:id:nekoburian:20200207125629p:plain

家族風呂はお早めに

入りたい時はフロントで予約する(この温泉宿の場合、宿泊サイトによって仕組みが違うようなので要確認)。

子供さんのいる家庭では早めにお風呂に入るためか、遅い時間帯が空いていたので入ってみる事に。

注:話が前後するが、先に大浴場に入り、食後に家族風呂。

 

 

子供が小さければ重宝

たまたまかもしれないが、私達が宿泊した時はとても

子連れのお客様

が多い日だった。

 

だからなのか、家族風呂の床にはマットのようなものが(小さい子がお風呂に入る時に敷く、柔らかいマット)。

大人が踏んで大丈夫だろうか?とも思ったが、かなり広範囲に敷いてあるので仕方ない(たぶん大丈夫だろう)。

 

温泉は大浴場と同じはずだが、やはり広い方がいいなぁ・・と思ったので、大人は普通に大浴場に入るほうがいいだろう。

あとシャンプーの種類も大浴場の方が多い(シャンプーバーがある)のと、なんとなく家族風呂の方が・・年代物のような気がする。

注:個人の感想です。

 

 

大浴場の壺

注:先に大浴場に入り、食後に家族風呂に入ってます。

大浴場に入ってすぐ、

でかい壺

がおいてある。

f:id:nekoburian:20200207130032j:plain

私とは反対に風呂から出る人が、壺の湯を体にかけて出て行ったので、

 

これは上がり湯なんだ

 

と思いながらお風呂へ。

 

私が湯に浸かっている時も、出ていく人が皆同じように壺の湯を体にかけるので

シャワーよりアレで流した方がいいのか~

などと考えていた。

 

そして私も風呂から出る時が。

壺の前まで行くと・・

 

信楽焼き 壺風呂

 

と(゜Д゜)

 

なんて書いてあったかは覚えていないが、信楽焼きで作った風呂は体に良い効果がある・・的な事が書いてあり、とにかくこれは、

 

上がり湯専用

 

ではなく、れっきとした

 

風呂(浴槽)

 

だと判明。

 

分かりにくい(´∀`;)

 

いや、単純に

上がり湯として使っているのを見て、勝手に思い込んだだけである。

 

 

朝に入ると

せっかくなので早朝、壺風呂に入ってみた。

入った感想は・・

 

上が熱く

下が冷たい

www.panasonic.com

 

こんなに温度差があるんだ~と感心したものである。

注:入る前に混ぜましょう

 

 

 ↓前回の記事

blog.nekoburian.com

  

 ↓ここでも家族風呂

blog.nekoburian.com

 

長野県の温泉宿でバイキング。肉をたらふく食べる旅

長野県の諏訪湖ちかく

お宿の名前が

KKR諏訪湖荘

というのだが、名前の通り諏訪湖近くの宿。アットホームな宿である。

www.jalan.

なお、国家公務員・・と書いているが誰でも泊まれる。

 

 

子供連れに居心地のいい宿

もちろん子供がいなくても居心地はいいのだが、非常にアットホームな感じなので、子供が走ったり叫んだりして怒るような感じはない。

 

館内の床も畳(タタミ)なのでゴロゴロしやすいし、走りやすいし、たとえ転んでも怪我の心配はないだろう。

 

なお私達夫婦が宿泊した日、偶然かもしれないが子供が非常に多かったので、初対面っぽい子供同士でも仲良く遊んでいて

実に微笑ましい(*´∇`*) 

 

 

お目当ては・・肉

このお宿、宿泊プランがとても多く

しゃぶしゃぶ

鉄板焼き

すき焼き

・・など色々あるのだが、今回私達が頂いたのは

 

リブロース&ヒレステーキ食べ放題

注:正式なプラン名は長いので省略

 

 

席に着くと・・

お客ごとにテーブルが分かれており、すでに鉄板などがセットされている。ウキウキしているとスタッフさんが

前菜など

を運んできてくれる。

f:id:nekoburian:20200204102116j:plain

目にもキレイだが、味もとても美味しい!そして、一番右の後ろにある黒い物、シイタケだと思ったが・・

f:id:nekoburian:20200204101933j:plain

豆でした(゜ω゜)!

ピンクの物も甘い豆(たぶん)

華やかで美味しい。

f:id:nekoburian:20200204102004j:plain

「まめです」

 

f:id:nekoburian:20200204101955j:plain

お刺身も新鮮!

f:id:nekoburian:20200204102016j:plain

何かは分からないが、モチモチして美味しいもの。

f:id:nekoburian:20200204101944j:plain

↑これだけでもメインになる、お肉の味噌焼き。

 

前菜などだけで充分満足なのだが(少食の人ならココで終了しそう)、だいたい食べたところでやっとメインのステーキを焼く。

f:id:nekoburian:20200204102128j:plain

お肉(o´∀`o)

f:id:nekoburian:20200204102053j:plain

お肉(o´∀`o)

f:id:nekoburian:20200204102138j:plain

鉄板で

f:id:nekoburian:20200204102218j:plain

焼く(゚∀゚)!

(ヒレは)とろける!!

美味しい(●^▽^●)

注:リブも美味しいが、ヒレはすごく柔らかい。適度な歯ごたえを求めるならリブ。

f:id:nekoburian:20200204102228j:plain

キノコも!

注:茶色いのは傷んでいるのではなく、元々そういう種類。

 

 

実は食べ放題

前菜などは違うが、それ以外はすべて食べ放題。先程の肉もキノコも。肉はスタッフさんが持ってきてくれるが、それ以外は取りに行く。

f:id:nekoburian:20200204102148j:plain

柿が凍った「柿氷」

f:id:nekoburian:20200204102158j:plain

f:id:nekoburian:20200204102209j:plain

他にも、キノコゾーンや野菜ゾーンなどがある(他のお客さんが映るので写真が撮れなかったが)。新鮮な野菜やキノコで、しかも種類が豊富。

f:id:nekoburian:20200204102045j:plain

せっかくなのでお蕎麦も。長野といえば蕎麦も有名(のような気がする)。

 

 

子供のお目当ては

うちも他のお客さんも、食べ続ける。

が、

まず最初に

 

子供が離脱(食事から)

 

というのも、

食べ放題には

 

アイスクリーム

ケーキ

ジュース

 

などのデザートが豊富にあり、子供たちの心はそれらにくぎ付け。もちろん親御さんから食事が終わるまで食べるのを禁止されているが、親御さんが許可すると

 

子供たちはデザートへ。

 

ちなみに私はバニラアイスに・・

f:id:nekoburian:20200204102105j:plain

はちみつがけ(゚ω゚)

超甘いが美味しい。

f:id:nekoburian:20200204102025j:plain

↑柿氷

途中まで食べにくかったが、周りが溶けるとスプーンですくって食べやすく。

 

f:id:nekoburian:20200204102035j:plain

↑わらびもちとケーキ♪

 

その他、日本酒ゼリーなどもあったが・・とにかく種類が豊富で全部は食べきれなかった(なにしろステーキでお腹いっぱい)。

 

 

待つ女と、食べ続ける男

そうこうしているうちに、他のテーブルの女性達(妻や母)も食事が終わる。しばらくは旦那さんと会話をしているが、そのうち、

 

無言

 

になる(^_^;)

 

けっして怒っているのではなく、もう話すネタがないのだろう。ひたすら食べ続けている旦那さんと無言の奥さん。そういうテーブルが多い。

 

 

服で行きましょう

ところで旅館とかで食事をとる時、浴衣に着替えて食べに行く場合と、そのままの服で行く場合とに分かれると思うが、今回は服で行った方が良さそうである。

 

なぜなら

肉の脂や匂い

が蒸気となって服につくので、浴衣で行くと匂いがついてしまうからである。もっとも・・

 

服が一着しかない

 

とか、

 

服を汚したくない

 

とかなら話は別である。

スポンサーリンク