ねこブリアンの日常

倹約家の夫と妻。暴れん坊で噛み付きまくる、ほぼ白い三毛猫との暮らし

スポンサーリンク

意外な岐阜県

岐阜県って何がある?

岐阜県に引っ越してきて、一年半。

引っ越す前、岐阜のイメージは

 

飛騨高山

さるぼぼ

白川郷

下呂温泉

・・・といった和のイメージしかなかったのだが、住んでみて感じたのは

 

思っていたほど

 

岐阜っぽくない

という事

注:あくまで私の主観

私が住む所には、雪なんて積もらない。降ってもせいぜい、大阪と同レベルである。

 

 

ニンニク好き

岐阜県というより愛知県にも言える事だが、

それはそれは、

ニンニクが多く入ったメニューがよくある(おもにラーメン)。

 

ニンニクと書いてなくても入っている(店員さんから入れていいか聞かれるので、うっかり食べてしまう事はない)。

 

ベトコンラーメン

台湾ラーメン

台湾まぜそば

チャーハン

二郎系ラーメン

注:たまたま私が入った店だけ、ニンニク多めだったかもしれない

f:id:nekoburian:20190210223441j:plain

 

ニンニク料理は美味しい。

それは確かにそうなんだが、

量が異常に多い。

具の一つか?というほど大量に使用している。

 

通常、ニンニク料理を食べても、自分では口臭を感じる事が少なく、自分では分からないなりに周囲の人への配慮を気にする事があるが、

 

こちらのニンニク料理は・・

 

自分が臭くてたまらないほど、実感できる。

なんだったらニオイで日常生活が困難なほど(常に自分が臭いのでツライ)。

 

しかし美味しいので、何度ツライ目にあっても食べたくなる不思議。

注:個人差があります。

 

 

辛い物が好き

ニンニク同様、岐阜県というより愛知県もだが、三重県もおそらく辛い物が好きだと思う。

いちど三重県のラーメン屋に入ったら、手作りラー油が尋常じゃないくらい唐辛子MAXだったのを覚えている。

当然辛かった。

でもすごく美味しかった。

 

 

運転が・・

粗い(あらい)

そして、

よく事故る。

注:うちの近所だけかもしれないが、かなり頻繁に事故現場を見る。住んで1年半だが、5回以上遭遇している。

 

 

スーパーのカートを使う

他県民だって使うが、使う人の割合が多い。

というのも

すごく分かりやすい理由が2つある。

 

1 エコバッグよりマイカゴ

f:id:nekoburian:20191213152914p:plain

岐阜に来て初めて見たのだが、カゴが売っているのである。

カゴといっても藤籠とかではなく、

スーパーで買い物する時に借りる、プラスチックのカゴ。あれの全く同じ大きさで色違いの物が、スーパーで売っている。

 

使い方は簡単。

お会計の時に、このマイカゴをレジの人に渡すだけ。

 

すると!

 

清算と同時に、

袋詰めならぬカゴ詰めになり、このまま持って帰られるのである。底面積が広いし衝撃にも強いので、卵や野菜、長い牛蒡やネギも折れずに楽々入る。

 

そしてこのマイカゴ、当然ながら

 

入店と同時に持っておく必要があり

なおかつ畳むことは出来ないので

 

カートの下段に置かざるをえない。

だからカートを使うのである。

注:2人いれば持ってもらう事も可能かもしれないが、そんな人を見た事がない。

 

2 車で買いに来る

こちらの地域では車で買いに来る人がとても多い。

というより、

車が当たり前であり、私のように徒歩や自転車で買いに来る方が少数派である。

 

駐車場がとても広く、

駐輪場は狭い。

 

自転車を置く場所はとても狭いのに、利用者が少なすぎて全く不便ではない。ほぼ貸切の時もある。

 

だから、

 

たくさんまとめ買いでカートが必要

・・という人ばかりではない。

 

見ていると、それほど多く買っている訳ではない(買っている人もいるが)。

 

おそらくは、

 

子供連れ

お年寄り

駐車場所が遠い

店内が広い

 

というのも要因の一つだろう。

それに店内も広いので、よほどじゃない限りぶつかる事はない。むしろ地元スーパーの方がよくぶつかる(使用者は少ないが狭いので)。

 

 

夫婦でモーニングへ

他県民だって行くだろうが、我が地元(大阪)では、近所の喫茶店にモーニングに行くと大抵

 

1人

友人連れ

 

のお客さんが多く、夫婦で来ている人は少なかった。なんだったら我が両親も、夫婦でモーニングに行った事なんて無い(不仲ではない)。

f:id:nekoburian:20191213152819p:plain

たいていは

 

父と私

父ひとり

母と姉

母と私

母と姉妹

母ひとり

母と母友人

 

の組み合わせである。

それも子供の頃だけで、大人になって父と出かけた事なんてない。

そもそも家族で近所へ出かけるのが恥ずかしいので、岐阜(東海)の人は家族といるのが恥ずかしくないんだなぁ・・と思った事がある。

注:家族が恥ずかしいという訳ではない。

 

結婚する前、

夫が結婚の挨拶に大阪に来た時も、食事をしたお店から家に帰る時、

父・母・私

は距離を取って帰宅したぐらいである。

注:不仲ではない。 

  

 

油揚げが小さい

岐阜県と言うより地域差かもしれないが、地元の油揚げと違うなぁと感じるのは、

 

小さい

半分ぐらいの大きさ

そのため8~10個入り

 

この大きさが当たり前の地域の人からすれば、

「一体何を?」

と思っているかもしれない。

↓なので、私が思っている油揚げの画像。

f:id:nekoburian:20191115120741j:plain

model by 大川竜弥

 

そして食感が、ふかふか!

すごく空気を含んでいる。  

注:大きいのも一応売っているが、高いし少ない。

  

 

トンカツ店が多い

それも困った事に、店名がそっくりなのである。

f:id:nekoburian:20191213152511p:plain
かつさと

かつさと|公式サイト

 

かつや

とんかつ・かつ丼「かつや」公式サイト|サクサク、やわらか ボリューム満点! かつやのかつ丼。

 

自分が食べた事のある店舗がどっちなのか覚えていないが、どちらに行っても

 

普通のカツ丼

注:卵とじ

は存在する。 

そして

両店舗とも安い

 

 

食べられない果実

あちこちの個人宅に

 

柿の木

ミカンの木

謎の果実

 

が植えてあって、いいなぁと思うのだが、

なぜか

食べない(採取しない)

f:id:nekoburian:20191213152401p:plain

当然ながら、いつかは地面に落ちて腐ってしまうのだが・・

 

なぜ食べないのか?

 

どのご家庭でも、食べ頃の実がついている。ミカンの木は低いので子供でも届く。届かない訳ではなさそう。

渋柿なら分かるが、ミカンはミカンだし・・

 

不思議でたまらない

(たとえ渋柿でも、干し柿に出来ると思うのだが)

 

そう言うと・・

夫が驚きの一言

カラスでも食べないくらいだから、まずいんだよ

 

なるほどΣ(゚Д゚;)

注:あくまで夫の意見です。

用事や釣り、体調不良・・・色々忙しすぎた日々

気が付けば何週間もブログの更新が止まっていた間、何をしていたかと言うと・・・

膨大な仕事量

正確には仕事ではなく個人的な用事なのだが、それがまぁ大変で・・

 

一か月かかる仕事を

一週間でΣ(゚Д゚;) 

 

というぐらいのイメージ。

それでも、嫌でも終わらせないといけない用事だったので、毎日もくもくと作業する。非常に単純作業で、しかし簡単ではない作業だったので

疲弊する毎日(;´Д`)

 

 

釣り

そんな忙しい日々だったにもかかわらず、以前から釣りに行こうと計画していたので行ってきた。

注:やや遠方なので「明日は忙しいから再来週にしよう」と簡単には変更できないのである。

 

 

滋賀の醒井養鱒場へ

f:id:nekoburian:20191211120544j:plain

ここの釣り堀では、

 

釣った魚(びわます)を、

塩焼きにして食べる事ができる

 

というのでワクワクである(゚ω゚)

注:同じ敷地にあるルアー釣りはリリースらしい。

f:id:nekoburian:20191211121607j:plain

↑マスのエサにマス?

 

なお私、釣りは初めてだが、非常にシンプルな竿なので問題なし。

釣りバカ日誌

に出てくるような、糸を巻いたりする必要もない(最初から伸びきっているので)。先端のフックにエサを付けて、釣り堀に落とすだけ。

 

こんなに簡単でちゃんと釣れるのか心配だったが

とても簡単!

 

それどころか・・

簡単すぎて困った事に(゚Д゚;

 

 

血だらけ

今思えば当たり前なのだが、

 

釣った魚は

針から外す

 

釣った瞬間に包丁で・・

というわけにはいかないので手で引っこ抜くのだが、初心者のため引き揚げが遅く、

 

魚がエサと針を飲み込みすぎて、奥深くへ。

 

引っ張っても取れない。

 

どうするのか?

ペンチで中を切りながら、根性で引っ張る

 

魚は生きていてフレッシュなので、当然

f:id:nekoburian:20191211123815p:plain

血がでる(=゚ω゚=;)

料理とは比べものにならないほど出てくるので、魚は触れても不気味で触れない。

注:イラストはイメージ。

 

自分は逃げて夫に任せた結果、

数分後に針は取れたが・・

 

夫の服には血しぶき!

申し訳ない<(_ _)>

 

魚も当然、ご臨終。

 

こんなに外すのが大変で、リリースする場合はどうするのか?と夫に聞くと、そもそもリリースする時は餌が大きいから、喉奥深くにはいかないらしい。 

f:id:nekoburian:20191211120554j:plain

夫は血まみれだが、景色は爽やか(゚∀゚)

注:夫は釣り経験あるので自分で外しましたが、外すのが難しい場合、スタッフさんが手伝ってくれます。

 

 

時間が余る

釣るのに1時間はかかると思ったのに、入れ食い状態ですぐ釣れるので時間が余る。釣った魚は買い取りなので、食べる量以上に釣る事もできない。

なので昼には早いが、塩焼きを食べる事に。

f:id:nekoburian:20191211130829j:plain

美味しそう!

f:id:nekoburian:20191211130818j:plain

全くくさみがない!

美味しい!

 

お店で食べるよりも高額になるが、

自然・釣り体験、自分の魚

という付加価値もついて、さらに美味しく感じる。

 

 

用意すると便利

もし

「行ってみよう!」

と思った方に勧めたい持ち物は、

 

1 小銭

ものすごく、事細かにお金を払うシーンが分かれているので、小銭を大量に持っていくと便利。

駐車券400円

入場券540円

釣り券150円・・など分かれているのと、魚処理代、塩焼き代なども別途必要。

あと必要なら、自販機の飲み物や、茶店での珈琲、カレーなど軽食代。

 

2 ウエットティッシュ

手を洗う所はあるが、水が冷たいのと、服が汚れた時サッと拭けて便利。

 

3 ハンドクリーム

(石鹸があったか不明だが)何度も手を洗うのでカサカサに。

 

 

お店

養鱒場の中と、外にお店がある。当時は何も考えて無かったのだが、もし場外のお店に魚を持ち込んで食べる場合は、

 

釣りは最後(゜ω゜)

 

そうしないと、処理した魚(死んでいる)を持ちながら

資料館

川遊び

茶店

自然を堪能

する羽目になる。

 

ただ、場外の店の営業時間がいつまでか分からないので、先に聞いておいた方がいいだろう。 

 

滋賀県醒井養鱒場へようこそ!

 

 

祝杯

釣りの話が長くなってしまったが、帰ってきてからも忙しい毎日で・・ようやく先週末に作業が終了!

お祝いに某レストランに食事をしに行ったのだが、これがまた不幸なことに

 

料理が来ない(ー_ー)

 

ワインは早々ときたのだが、料理が40分経過しても来ない。忘れられているのでは?と言いかけた時にやっときた。

しかし、料理がくる前に500mlほど飲んでしまい、そのせいで・・

 

 

二・三日酔い

ひどい悪酔いだった(;´Д`)

すごく気持ちが悪くて起き上れなかったので、二度とマグナム(1500ml)は飲まないと誓うほど。

注:料理と一緒に飲んでいたら平気だったと思うが

 

 

猫の様子

私も大変だったが、私の悪酔いを見たタマもビビって大変だったらしい(夫談)。しかも人間が眠る時はゲージに入れているので、長時間ゲージから出してもらえない。

 

この冬、段ボールで猫ベッドを作ったのだが、わずかな隙間から

「出せ」

と、よくこちらを見ている。

f:id:nekoburian:20191211153805j:plain

ちょっとホラー(=゚ω゚=;)

牡蠣の燻製を手作りすると・・

牡蠣が安かったので

近所のスーパーではこの時期、

一袋398円

 

ほどで牡蠣が売っているのだが、一昨日は値引きされて

198円(・ω・)ノ

 

しかし、ちょうど夫が夕飯のいらない日だったので燻製を作ってみる事に。

 

 

「いぶり暮らし」を参考に

燻製好きの人は知っているであろう、

いぶり暮らし

という漫画。

 

この中で、牡蠣を燻製にする話があったので参考にして作ってみる事に。だが本を読んだのが結構前で、実物を持っていないので・・

 

おぼろげな記憶

 

を頼りに作る事に。

注:なので、実際のレシピとは多分違います。

comic.pixiv.net

 

 

生ガキの段階では・・

ところで私は、

牡蠣を調理するのが初めて

である。

 

なので気づいてなかったのだが、

↓生

f:id:nekoburian:20191122154437j:plain

↓オイスターソースで炒めた後

f:id:nekoburian:20191122154448j:plain

 

かなり縮んだ(=゚ω゚=;)

ちっちゃ!

半分くらいの大きさに。

注:真っ黒に見えるが、光の加減です。

 

 

燻製

小さい事を嘆いてもどうにもならないので、燻製する。

 

↓燻製後。アップで写しているから大きく見えるが、こぶり。

f:id:nekoburian:20191122154500j:plain

 

↓使用した燻製器はこちら

f:id:nekoburian:20190701163026j:plain

アペルカテーブルトップスモーカー

f:id:nekoburian:20190701163036j:plain

おしゃれな巾着付

f:id:nekoburian:20190701162948j:plain

注:台所で使えるので気軽に楽しめます。あとウッドだと、コンロがいらないのでさらに簡単(ウッドを直接燃やすので)。

 

 

タッパでオイル漬け

保存目的なら、煮沸やアルコール除菌した容器に入れた方がいいが、これだけの量なら1回で食べきれるので簡易保存。

f:id:nekoburian:20191122154511j:plain

やはりアップにしているので大きく見えるが、この容器の大きさは

キウイフルーツ2個分

である( ̄◇ ̄;)

 

長期保存する事はできないが、少しは寝かせた方がいいと思うので2~3日後に食べる事に(たぶん)。

 

 

でもやっぱり・・

カキフライにしておけば良かった

と(ー_ー)

スポンサーリンク