ねこブリアンの日常

公務員で真面目な倹約家の夫、専業主婦でケチな妻、子猫の時から甘やかされた猫たちとの暮らし。

夫の頭痛、薬を飲んでも治まらない

f:id:nekoburian:20181026130910j:plain

昨日、夫の頭痛がすごくひどかった。

慢性頭痛が治らないのはともかく、仕事に行けないほど頭痛がひどかったので再び病院に行くことに。

 

詳細はブログ記事10/19

「慢性頭痛にお悩みの方は頭痛専門外来がおすすめです。 - ねこブリアンの日常」

 

先生に相談すると、

「就寝前に少し痛みが出てきたら、その段階で薬を飲むように

とのこと。

つまりですね、先生によると・・・

 

痛みが軽い症状の段階で薬を飲むと、痛みを抑えられるが、

ひどくなってから薬を飲むと効きにくい。

 

眠ってしまうと、ひどくなっている事に気づかず、

薬が飲めないまま朝を迎えて、痛みが最大に!

 

という事らしい。

正直、その話を聞いた時は・・・

ちょっと信用していなかったが(失礼である)、

 

その夜(つまり昨日)

 夕飯後に薬を飲んだ夫。

 

眠る数時間前には・・・

全く痛くないと(^○^)

久しぶりに元気に見える☆

 

なんでも夫によると、今まで眠る前には

「少しくらいの痛み、寝たら治るだろう」

と思って飲まずに寝ていたんだそう。

(頭痛以外の薬もたくさん服用しているから、少しでも少なくするため)

 

よかれと思った行動が裏目にでて、逆に治らないという悲劇。

 

これで解決した・・・

と思いきや!

今朝起きた夫によると、

 

「眠くて起きれない(-_-)」

 

そう、頭痛は一時的に治まったが、

めちゃくちゃ眠いという副作用が!!

今日は何とか仕事に行ったけども、仕事の前日は飲めないみたい。せっかく突破口を見出したと思ったのに。

 

・・・とその時、ふと私は思った。

 

頭痛を治す本とか、あるんじゃない?

 

今まで疑問にも思わなかったが、ネットで検索。

・・・

めっちゃある(゜o゜)

しかもAmazonだとレビューがあるので、必要な本が大体絞れる。

 

なかには☆5の最高評価で、

「長年の頭痛が消えた!」

といったコメントがある物も。

 

これは読む前から期待大である。

もし本当に夫の頭痛が治ったら・・・

ブログで盛大に宣伝しよう(^_^)

(実行する前に人に教えるのはアレなので)

 

洗濯について悩むこと

f:id:nekoburian:20181024104812j:plain

といっても、洗い方とかじゃない。

ちなみに我が家の洗濯機は縦型。パウダー状の洗剤と、雨の日は柔軟剤を使用(規定の量の4分の1くらい)。

 

問題は・・・

朝何時から洗濯していいか?である。

 

常識で考えると、朝早くに洗濯したら近隣の人に迷惑だろうとは思う。しかし、何時ならいいのか?

私の住んでいる地域は田舎で、周囲は畑や田んぼ。基本、農家の朝は早い。

だからといって同じアパートの人は農家ではないので、そんなに朝早く起きていないと思う。

 

専業主婦なんだから8時とか9時以降にすればいいじゃないか?と思われるだろう。時間は調整できるし。

確かに時間はある。しかし、朝早くに洗濯したいのには訳がある。

それは・・・

ベランダが・・・

超まぶしい(-"-)

 

太陽光が強烈に差し込み、まぶしすぎるのである。朝の7時には真昼間のような明るさに(引っ越してきた時は夏だったので、朝はあまり光が入らない)。

洗濯物を干すとカーテンがわりになるので、洗濯物も乾くし私も助かるし・・・

Win Win (^^)!!

(うぃんうぃん。双方に得をすること)。

 

可能ならば6時に洗濯したいが、それは迷惑すぎるだろう。私自身結婚するまえは7時半に起きてたし。

(もっとも実家の近所の人は5時に洗濯していたが、その家は犬も朝から吠えていたので洗濯音よりそっちの方がうるさかった。)

 

お気づきかもしれないが、私の家の居間にはカーテンが無い(寝室の小窓にはある)。夫いわく、猫が破くから(夫の実家のカーテンは酷いもので、だまって捨てたくなる)。

しかし居間が超まぶしいことで、最近夫がカーテンを買おうか検討している(夫の座るソファに光直撃)ので・・・買うなら早く決断して欲しい。

 

結論

現状では朝7時20分に洗濯機を回してます。

 

 

猫の冬じたく

f:id:nekoburian:20181020080950j:plain

寒くなってきましたね。我が家の猫も室内飼いとはいえ寒そう。

夜は一緒の布団で眠らせてあげたい…が、そんな訳にもいかない。

詳細はブログ記事10/12

「猫が寝ない - ねこブリアンの日常」

にて。

 

そして最近。困った癖が追加された。それは…

 

トイレの中で、ゴロンゴロン

 

よく豚とかが体温調節なんかで泥を体にこすりつけるなんて言いますが…

あれのトイレ…

なぜだ( ;∀;)⁈

ますます一緒には寝られない。

 

だけど猫ちぐらは与えられない。

詳細はブログ記事「猫が噛む - ねこブリアンの日常」にて。

 

そんな訳で、絶対に壊されず、

なおかつトイレにも埋められない猫ハウスを自作する事にした。

 

まず、段ボールで作って嫌がらないかの確認で、小さいのを作る。

一晩入れてみたら1匹だけ入って寝た(というか先に入った猫が、後から来た猫を威嚇し、入れなくした)。

 

なので本番!

もう一つダンボールを用意し、ゲージの大きさに合わせて切っていく。

f:id:nekoburian:20181022153251j:plain

(小屋を壊されたと思っている猫の視線が痛い・・・ )

そして、切り口を養生テープで保護!これをしないとビリビリに(しても噛まれるけど、多少守られてる)。

f:id:nekoburian:20181022153311j:plain
f:id:nekoburian:20181022153327j:plain

 

ちょいちょい猫が邪魔しにきます。

 

f:id:nekoburian:20181022153341j:plain

だいぶ完成に近づいてきました!

f:id:nekoburian:20181022153621j:plain

完成(-。-)y-゜゜゜

長かった・・・この後、中に

 

いらない本 + タオル + ボア生地

を糸で頑丈に縫い合わせたものを敷いて完成しました。

(本を合わせないと、軽くて猫が引っ張り出すため)

 

で、作ってから1週間後くらいの現在ですが・・・

 

中に入れた「いらない本」がちょっっっと!攻撃されてる感があるけども、概ねぶじです。冬を越せればいいな・・・。

バイキング形式のモーニングに行って来た

f:id:nekoburian:20181022150826j:plain
f:id:nekoburian:20181022150838j:plain
f:id:nekoburian:20181022150814j:plain

モーニングとは、朝の喫茶店で飲み物を注文したら無料で付いてくるサービスの事である。基本はパンとゆで卵が多い。コメダ珈琲が有名ですね。

私の地元の喫茶店は「モーニングセット」と呼んでいたので、店舗によりけり。

 

例えば珈琲が400円なら、400円ぽっきり。ジュースが500円なら500円ぽっきり。

 

私の住む岐阜県では(というか愛知県はじめ東海地方では)、喫茶店が多いせいかサービスが良い店・変わった店が多い。

なので、月1くらいで喫茶店巡りをする(´∀`)

 

今日はパン食べ放題の喫茶店に行って来た。

 

紫園さんです (^^)/

 

bandoolshien.com

 

カフェだけでなく、パーティーや結婚式の二次会もできる立派なお店。

広い敷地に店舗が色々あるので、カフェの入口に悩む(最初、併設してあるパン屋に入ってしまった)。

店の入り口でお野菜や乾物も売ってるので、多少並んでいても気にならない(レジ横に名前を書くところがあるので呼んでもらえます)。

 

席に案内され、飲み物を注文するとパン食べ放題(とゆで卵一つ)になる。これで460円である(私の場合)。

小皿を渡されるのでバイキング形式でパンを取りに行くのであるが、これがなかなか大変!

なぜなら、食パンやテーブルロールは数が多いから簡単に取れるが、

菓子パンは…

 

競争である(*_*)

というか女の闘い。

その時の客層と席によるので運としか言いようがないが、店員さんが菓子パンを運んで来てから席を立ったのでは遅い。

たいていお客さんは友達やグループで来てるので、菓子パンをゲット出来た人は、ほぼ全部持っていくからである。

 

というのも菓子パンは・・・

1つのバスケットに、パン約4種類を小さくカットした物が乗っている。

 

あくまで私が行った時だけど、例えば…

粒あんぱん、1個を4等分

こしあんぱん、1個を4等分

マロンデニッシュ、1個を4等分

メロンパン、1個を4等分

が出て来た。

 

少ないのである。

これを全種(夫の分も)取ると・・・

すでに半分。

家族で来てる人だとその人だけで全部無くなってしまう。

 

だが正直、食パンやテーブルロールの方が個人的には美味しいので、菓子パンが食べられなくてもいいのだが(というか飲み物は一杯だけだから、パンが甘いと量のバランスが…)

 

食べないとモヤモヤ(´-`)

 

競争に勝ち、ゲットできたらできたで

 

卑しい自分に嫌気がさす(-_-)

(なんて面倒な女だ…)

 

この店に来たら・・・

周囲の人に不快にさせないよう作法に気を付け、

なおかつ自分自身も楽しめるよう己に気を配らなければならない…そう思うのでした。

 

 

頭痛専門外来に行ってきた

 

 

f:id:nekoburian:20181019182413j:plain

突然だが私の夫は頭痛持ちである。

非常に辛くて起きていられないそうだ。

頭痛の辛さは経験してみないと分かりにくいものだが、幸い(?)私は重い頭痛を経験した事があるので、それが毎日だとどんなに苦しいのか共感できる。

 

普段、夫は病院で処方された薬を飲んで痛みを和らげているのだが、全然効かない時もある。

そういうとき夫に頭痛専門外来の受診を勧めるのだが、頑なに拒否する(普段お世話になっている先生に義理立てをしているのか・・・)。

しかし!今回2日続けて激しい頭痛が彼を襲ったので、ようやく行く決心をしてくれた。

 

事前にネットで調べて評判の良い病院に。

ちなみに診療案内に「頭痛専門外来」などと書いているわけではない。「脳神経外科」「神経内科」などを専門とする先生が診てくれる。

 

朝早くに行ったおかげで10分ほどで診察室へ。

(病院によっては初診でも要予約なので注意。)

ダンディでスリムな先生が、テキパキと問診。とても細かく問診してくれて信頼できる感じである。

 

普段飲んでいる薬の処方箋を見せると・・・

先生、失笑(^_^;)

そりゃ驚くよね・・・ていうぐらい薬飲んでるから。

 

そんなこんなで診療は終わる。

診断は「緊張型頭痛」「片頭痛」の合併型。

頭痛改善に効果のあるというマッサージの方法を教わり、即効性があるという薬を処方される。

 

病院に行ったからと言って、すぐに頭痛が治る訳ではないが…頭痛の種類が分かった事でひと安心!改善方法も分かるし。

専門外来と言っても料金は普通…

というか千円台と安かったので(夫は以前MRIとかCTを撮っていて、今回撮って無いせいもある)、頭痛にお悩みの方は行った方が良いですよ。

我が家のコーヒーメーカー論争

f:id:nekoburian:20181016154805j:plain

朝はサクサクのトーストに、半熟の目玉焼き、そして淹れたてコーヒー。そんな光景に憧れてはいるものの・・・

夫は納豆ごはん

妻は卵ごはん

・・・

それが現実である。

なぜなら夫の出勤時間が早く(5時起き)、またお弁当を作るため、ご飯を炊くから。せっかく炊き立てのご飯があるのだから食べないと勿体ない。

 

なので休日の朝はトーストである。

私はパン好きなので、独身の頃は1年365日のうち・・・

330日は、毎朝バタートーストを食べていた(と思う)。

残りの35日は、正月のおせち料理と、菓子パンである。

 

朝はパン、そしてコーヒーを飲む。

それが休日の我が家の決まりなのだが、

このコーヒーが厄介なのである。

 

私はコーヒー好きではあるが、普段はインスタントのコーヒー(ネスカフェゴールドブレンドや、UCCの顆粒コーヒー、マキシムとか色々)を飲んで、たまにスタバなどのカフェで高いコーヒーを飲む。そういう生活を送っていたが、

 

夫は、コーヒーメーカーでドリップ派だった。

それに関しては問題ないのだが(私はもちろんドリップコーヒーOKである)、

夫の愛用品だというコーヒーメーカーが問題なのである。

 

写真を載せると名誉棄損になりそうなので、文章のみだが、

私の不満ポイント

1 大きい(炊飯器より1.5倍くらい)

2 使うたびに分解し、洗うのが大変

3 パーツが大きく、洗い場が占領される

4 布巾で拭いても溝が多くて、完全に乾かない

5 でかい割に、作れるコーヒーの量が少ない

6 色が黒なのが嫌(ものすごく目立つ)

 

・・・不満たらたらですね。

もう一つ付け加えると、

「豆から挽けて美味しいよ」と夫は言うが、豆ではなく粉を使っているのだから関係ない(近所のスーパーでは粉が一番安い)。

 

私は普通の、ドリッパーで十分だと思うのですよ?

しかし夫は、いかにこのコーヒーメーカーが優れているか主張する(値段が高かったせいもある)。

 

そうそう、さらに不満を付け加えると、

夫は独身の頃、このコーヒーメーカーを

あまり使っていない。(理由 面倒だから)

普段はお義母さんが愛用してるのを使っていたと。

 

自分だって面倒で使ってないじゃん(゜□゜)!

持ち主だって面倒なのに、私なんてもっと面倒だよ!!

 

というわけで、平日夫がいない日はインスタントコーヒーを飲む妻なのでした。